スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月22日の推敲 2011年07月23日 雑記 トラックバック:0コメント:0

「裏切られた!」とか「失望した!」という言葉をためらいもなく話す人を見ると、なんだかなぁ、という気持ちになる。
あの一番に声を上げた者が救われるような風潮を信じている人というのは、自分の良心が万人のそれと重なるとでも思っているのだろうか。
そうだとしたら、たいそうな買い被りじゃないか。ちょっと理解が出来ない。

少し話が変わるけど、万人に理解されうる感覚というのはあるのだろうかと考えている。それはどんな感覚だろう?
たとえば小学校で習う算数の公式の暗記は共有される物の一つ。足し算から始まって台形の公式、高さと速さの関係(理科かもしれない)などなど。
というか学校の試験というのは共有しなければいけない常識を測るテストだったんですね、今気づいた。

少し話が逸れたので引きもどすと、個人の良心だったり信条は完全に重なることはないという前提に立ったうえで、
全人類が、もう少し狭くすると全日本人が共有できる感情とか共有することを目指した指向とか、それに準じるものがあるとしたら、それはどこから湧き出してくるものなのだろう?
労働の場からなのか、趣味の場からなのか、生活の場からなのか。
一つだけ言えることは、社会に出ている色々な創作物だったりパッケージされた商品の大部分は間違いなくそういう出発点から生まれてきたものなんですよね。
というかそうだと信じたいし、そうでなきゃ困る(知らないけど)。そういうことが考えられてると思うと嬉しくなりますよね。
たとえそれが資本主義というフィルターを一度通って来ているとしても、嬉しい。

肩を持つわけではないですけど、社会という漠然とした物の上で人間がいっしょくたになって裏切られたり失望したりして、それでもなお生きているわけだから、
それをあたかも自分だけに降りかかってくる火の子だと思ってしまう心情というのは、やはりわかりたくない。
先天的な蓋然性への当てこすりは自分を取り巻く環境への懐疑にほかならない。生活の否定だ。
どうしようもなく理性からあぶれてくる困惑が人の想像を結実させる源に違いないですよ(俺説)。

差し迫った危険が近づいてきた時に人は頭を使う。
もし、そんな状況でも頭を使えない人には、ここで一方的に引導を渡しておくことにする。

スポンサーサイト

冷めつつある憤りについて<ミドルオブノーウェア> 2011年07月22日 雑記 トラックバック:0コメント:0

去年の秋ごろ、大学の部活で学祭の準備をしてたとき、勢い余って先輩に「いやぁ大変ですね」なんて洩らしたせいで大ひんしゅくを買うことになった。
先輩の主張は「部活なんて遊びなんだから疲れたなんて言ってるんじゃない」というもの。

大学という看板の庇護にあずかっている以上、自分がいくら犠牲を払ったとしても遊びにしかならないことはもちろん分かっている。
しかし、腹が立つことは腹が立つ。こっちは体力を削って遊んでるんだよ!という誰にも向けるべきではない怒りはどうすればいいだろう。


・・・


遊びと仕事の境があるとしたら、金銭の移動が発生するかしないかという違いだ。
大学の文化祭でもなければ普通の人が手間をかけて来るわけがないし、無料じゃなければ見るわけがない(個人的な所感です)。
前提として、遊びというのは許される規模がとてつもなく大きい、というのは覚えておかなければいけない。

金が発生しなければ、ある程度は好き勝手にやっても構わないだろうし(あからさまな不法行為は除く)、アクセスの容易さも保障されるだろう。
これは提供する側とされる側に損なわれるコストがないということの現れだと思っている。そのかわり、遊びは終わった後に残るものが極めて少ない。
甘えを測る尺度がないように、わざわざ遊びに文句を言う人なんて存在しないんですよ。
逆説的に言うと1円でも金がかかるということは生活に直結するということだから、コンテンツの質自体が問われ、淘汰の波に振るわれることになる。
それが仕事ということでしょう。

しかし、「金を取らないものが全て遊びになってしまうのか」と聞かれたら、そうではないだろうというのが僕の意見。
体話だったりA Book Coveredというのは金を取ってはいけないものだし、無料だからこそ発表できていると思っている。
しかし、遊びでやっているのではなくて、金が取れないだけと言わざるをえない。
それに「金を取らない仕事」や「金を取る遊び」だってあるはずだ。だってポストモダンですよ?

結局、金を取るのか取らないのかは生存戦略や自信の無さだったりで各々が取捨する選択でしかない。
遊びなのか仕事なのかという差異すら、目的ではなくて手段に変わってきているのだろう。
言葉遊びになってしまうけれど、「何かを得ることは何も得ていない状況の破棄にほかならない」というのは、まさに的を得た(射た)表現じゃないか。

You Say "Good!" Labelは未だに捨てる覚悟ができないまま遊びを続けている。
自信もなければ覚悟もない。金もない。ください。


・・・


なんという理不尽な日記だろう。愚か者のたわごとですね。
次はもっと具体的なことを書きたいと思います。

連々草<中身はない> 2011年07月18日 雑記 トラックバック:0コメント:0

とにもかくにも体調が悪い。頭が痛い。
サッカーがお祭りだというのでぐいぐいと飲酒をして喚き散らしていたら体力を根こそぎ持って行かれてしまった。

どうやら僕の体は自身の好みに有無を言わせずウィスキーとの相性がよくないらしい。
髪の毛に触れるたびに頭皮全体がかぶれているような不快感に襲われる。なんという倦怠感。
飲まなければよかったとは思うけど、それ以前に同じ過ちを繰り返し続けているという怠惰は自分の人生しか間延びさせないということを思って悲しくもなる。こういう状況に限ってブログを更新しようとする不誠実をどうしてやろうか。

実の無い文章はいつものことだけど今日の雑記はさらにひどい。明日か明後日かにこの記事を読みなおしたとき、書きたいという気持ちが萎えなければいいなというのが今日の精一杯。

そのページは空白です 2011年07月01日 雑記 トラックバック:0コメント:0

ロックンロールが好きだ。というか他に音楽のジャンルをあまり知らない。

先日、個人で経営している小さな居酒屋で朦朧とする意識にかまけながら友人と酒を飲んでいた時のこと。
その店は粗野な内装に加えて6脚ほどの椅子と店を回す女の店員が一人いるだけという簡素なもので、一人で暫く飲んでいる客もいれば数人で来てすぐに去っていく客もいるという出入りの複雑な店だった。言うなれば社会にこなれた人々が来るような店。
そこでは客の持っている音楽プレイヤーをスピーカーに繋いで自由に音楽を流せることになっていて、まぁフワフワとした独特の空気の中で俺のiPodを繋げという話になった訳だ。意気揚々と画面をスクロールする俺。ところが困ったことにその場の空気にそぐう音楽が見つからない。推せる音楽がない。

というかあるにはあるが、こういう時にロックを流す度胸が俺にはないのだ。それはこのジャンルが幼い音楽であるという自己の偏見が強く影響しているのだが。

そこで俺は風船を手放してしまった子共のような心境になってしまった。


俺は今までいったいどんな音楽を聴いていたのか。
世界には数多のアーティストとその予備軍がいて、例外なく俺の音楽プレイヤーもそれらの人々で埋められている。
しかし俺は人に薦める音楽というものを知らない。0:00から始まって4:50かそこらで終わる音楽しか知らない。自分の中で完結する音楽しか知らない。
天井から勝手にロックンロールが流れてくれば幸せだが、そんなことはあり得ないのだ。
(ここまででおよそ30秒)


結果を言うと一緒に飲んでいた男のiPodを繋ぐことにしてもらった。ああいう洒落た音楽っていうのはどこから仕入れてくるのか知りたい。

こういう場面に遭遇するたび再現した自分の不完全さに頭を殴られるような感覚を味わうのだけど、たぶん変わっていくことを許容するしないに関わらず俺の拙い音楽論は地続きに接続されていくだろうと思う。

最終的に自己弁護のような日記になったが、せめてその程度の責任ぐらいは負える忍耐力が欲しいという自己擁護でした。

アメリカ、アメリカ、アメリカ 2011年06月28日 雑記 トラックバック:0コメント:0

高校卒業の時にもらった卒業アルバムを眺めていて、同じ学校なのに知らない顔の人がいると気がついて驚いたのを覚えている。
同じ場所にいるのに自分が把握していない人間がいるというのが(おこがましいのだけど)当時の自分としては結構な衝撃で今も強く印象に残っているんですが、そういう経験したことある人いないかな。

少し視界を広くすると日本という国の中にに一種の身内みたいな空気はあると思っていて、たとえば初めて会った人に「~県から来たんですよ」って言われれば「あー、あそこね」ってなりますよね。
そういう意味でアメリカって面積が広すぎて、もしアメリカ人に産まれたとしても死ぬまでに絶対に聞くことのない土地って絶対にあるじゃないですか。
同じ国でありながら共同体としてはすごく弱い気がしてしまうんですよね。
日本の地方の宿でおばちゃんにかけられる「遠いところからよくいらっしゃったなぁ」という言葉どころではない「どこだよその土地」っていう蔑みにも似た出会いの言葉が間違いなくある。それって良くないですか?笑

一つのチームの仲間しかいないような国の人間からするとひどい文句に聞こえるんだけど、それ自体が国の中身を表してて割と好きなんですよね。
メジャーリーグのプレーオフ決勝をワールドシリーズと命名してしまうところだったり、内輪だけで盛り上がって外野は関係ないぜ!っていう横暴さも好きです。

どうして好きなのかというのは答えづらくて説明もしづらいのだけど、そういうような想像をしていて「その中で出会うって奇跡じゃん!」という風に興奮してしまったからというね。
流行歌の歌詞みたいな他愛のない理由なのは許して下さい。


あ、あと近々新しいことを始めようと思ってます。
こうご期待ということで。今日のところはこんな感じで。

 » »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。