スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生活,mono-ihu,書物 2011年08月12日 mono-ihu トラックバック:0コメント:0

二週目は『生活』「もの云う書物」

古川日出男『馬たちよ、それでも光は無垢で』

馬たちよ、それでも光は無垢で

声はシンプルに命じている。「そこへ行け」と。
平成23年に僕たちは存在していた。存在しているはずだった。いや、実際に存在している。
しかし、物語は、事実は有無を言わせずにすでに押し寄せた。
『馬たちよ、それでも光は無垢で』は古川日出男『聖家族』の延長線上にある小説だ。
その冒頭は『聖家族』の一場面を連想するように始まり、やがて空想ではない日常に接続されていく。

<その体感をひと言にまとめるならば、時間の消滅だった。>
<この体感を、もしかしたら私は命名できる。”神隠しの時間”と。>

古川日出男であり、読者である「私」は”神隠しの時間”のなかであの日のあの瞬間へと遡る、311に。
画面の前であちらから弾かれていた「私」は足を向ける、Fukushimaへ。
そして出会う、馬に、無垢な光に、彼に。事実は急速に物語をラストシーンへ向かって描き出していく―。

しかしお前は生きて戻った。その未来を俺は見て、祝そう。

古川日出男
[古川日出男/フルカワヒデオ 1966年生まれ、福島県出身]

東日本大震災が発生がしてから5か月が経ち、人も街も平穏を取り戻したように思えます。友達と飲みに行っても地震の話はしないし、ニュース番組の節電予報すら飾りのような印象を受けてしまう。それはきっと震災から時間が経ったことや、電力消費量の情報隠ぺいが明るみに出たこと、自身への直接な被害を受けることが無くなった(隠されている)ことが理由としてあるのでしょう。自分たちが生活の主体であるという実感を失って非日常に慣れきってしまったことも確かにわかります。しかし、花火大会の自粛や、「がんばろう!日本」というスローガンは決して虚構ではないはず。どんな論理でも説明しきれない、このもやもやとした気持ちはなんだろう。その違和感に応えてくれる一節が中盤に記されていました。

<平穏なのではないのだった。そういうのとは違うのだった。平然としているのだ。そう構えるしかないから。他に何もできないのならば、何をする?>

そうだ。自ずから平穏を保っているのではない。どうしようもないからこそ、普通を装っていたのではないでしょうか。なにもしないのではなくて、なにもできないからこそ今までの習慣を繰り返していたのです。それこそ無垢に。
3月11日以来、僕たちは断絶を知った。突然に生まれた歪みによって生活が隔てられるのだと知ってしまった。けれど、その前にあって無力という言葉に喘いでいたとしても災害は決して消えません。悲しみだって薄れることはあっても完全に消えることはあり得ないのです。眼を背け続けることはできない。入口はいくつも用意されているはず。だから今度はポジティブな意味で使おう。他に何もできないのならば、何をする?

小説が語るのは空想です。たとえそれが事実を内側に内包した空想だとしても。
しかし、『馬たちよ、それでも光は無垢で』が描き出すのはフィクションであり、また同時に揺るぎない事実そのものでもあるのです。それを隠さないことが、この小説を今、読む意味のあるものにしているのでしょう。全132ページに渡って続く衝迫の言葉に、もしかしたら、あなたは耐えられないかもしれません。それでもなお強くありたいと思い、それを乗り越えていこうとするのなら、この本を手にとって欲しい。
「私」の祈りがここにあるから。


・・・・


三週目は『生活』に「もの云う映画」です。8月20日土曜日に更新予定!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://yousaygood.blog102.fc2.com/tb.php/29-e6908470
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。